こまい歯科クリニック

ご予約・お問い合わせはこちら 017-773-3510

おしらせ

ジルコニアセラミッククラウン

2018.1.25 - [ その他 ]

こまい歯科クリニック院長の駒井です。

最近被せ物の話が多いので、引き続き被せ物のお話をしていこうと思います。

この前までは奥歯の被せ物のお話でしたが、

被せ物の中でも我々歯科医師と歯科技工士にとって最も難しいのが前歯の被せ物です。

よく芸能人で白い歯の方がいらっしゃいますよね。

実際一部芸能人の歯みたいに真っ白くするのはそんなに難しくはないのです。

全部被せるか、白いセラミックを張り付ければいいので。

ですが、人間の歯はグラデーションがかかっており、根本は黄色く、先端は透明感があります。

また、奥歯にいくにつれて暗くなっていきます。

そこを全部真っ白くしてしまうと歯が目立ってしまうためにお口が大きく見えます。

見た目は非常に綺麗ですので反対はしませんが、私としては自然で健康的な歯の見た目を重視しております。

これが当医院で作製したジルコニアセラミッククラウンです。

 

先端に透明感があり、歯の根に近づくに連れて黄色味が濃くなっていくのがわかるでしょうか。

エナメル質は透明感があり、

エナメル質の中の象牙質は黄色、

根の成分であるセメント質、象牙質が黄色いためにこのような色調にしています。

本物の歯のように自然なグラデーションです。

裏側も白い材料となっています。

このように金属を使用しないため透明感のある自然な色調が可能となります。

各個人に合わせた色調となるので、人によってはこの写真よりも明るい色だったり暗い色になったりします。

奥歯の場合は強度が必要なためジルコニア単体の方がおすすめですが、奥歯でもこのように透明感のある歯は製作可能です。

気になる方はお気軽にご相談下さい。

アクセス

ページトップへ